この夏!お蕎麦を食べて猛暑を乗り切ろう!

この夏!お蕎麦を食べて猛暑を乗り切ろう!

皆さまこんにちは!

今日は曇り空で、蒸し暑いですね、、

 

梅雨が明けると、いよいよ夏がやってきます!

 

猛暑の夏。暑さで食欲が落ちてしまう、、なんて方も多いのではないでしょうか?

普段の食事が喉を通らなくなり、冷たい麺類が欲しくなりますよね。

 

そんな時!

院長がぜひオススメするのは『お蕎麦』です!

どうしてお蕎麦がオススメなの?

では、どうしてお蕎麦がいいの?他の麺類と何か違いがあるの?と思いますよね

 

 

 

 

 

 

 

 

お蕎麦にはルチンという成分が多く含まれています。

ルチンには、毛細血管を強く丈夫にする作用があります。

また、弾力がなくなり破れやすくなった血管を修復して、血液の流れをスムーズにする作用や、

血圧降下作用などもあります。

 

このため、ルチンには「脳卒中」「高血圧」「動脈硬化」「コレステロールの抑制」など、

生活習慣病の予防に効果があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、、

先日、27歳の人気俳優さんが、脳出血の症状で緊急手術を受け、

予断を許さない状況だ、という辛いニュースが目に飛び込んできました。

 

脳出血も脳卒中の症状の一つで、

老若男女問わず発症する可能性がある、恐ろしい病気なのです。

 

他にも、脳卒中の症状は様々ですが、

詳しい症状については、また次回!詳しく解説しますね!

 

猛暑に負けない体を作ろう!

最後に!

普段より、「粉食」より「粒食」を薦めている院長ですが、

それは「よく噛んで食べる」ということを、老若男女問わず指導させていただいているからです。

 

ですが、猛暑の夏を迎えるにあたり「食欲がないから冷たい麺類が食べたい!」というときは、

絶対的に「お蕎麦」推しです!

 

※ただし、お蕎麦はアレルギー反応を起こす場合もあるので、

小さなお子さまや、初めて食べる方は、血液検査をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職業柄、早食いになりがちですが、よく噛んで食べる!も意識していますよ!

 

ではまた次回、「脳卒中のお話し」でお会いしましょう!

 

 

院長 山中 一功(Dr.IKKO)

 

 

関連記事

  1. 息苦しいときは無理せず!マナーを守ってマスクを外しましょう!…

PAGE TOP