息苦しいときは無理せず!マナーを守ってマスクを外しましょう!

息苦しいときは無理せず!マナーを守ってマスクを外しましょう!

 

環境省

厚生労働省より発表があり、本当に安堵しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクは、ウイルス飛散や予防に、とても効果的な必須アイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックでもスタッフ一同、リハビリ中も着用させていただいておりますし、

患者様におかれましても、ご協力いただき感謝しております。

 

しかし、梅雨入りしてからの蒸し暑さに、

患者様より外に出かける際のマスクによる息苦しさに、

ストレスを感じているというご相談が増えており、

ある一定の距離をとって外にいる場合は、マスクを外しても良いと指導して参りました。

中には安堵されて、通院しやすくなったという声もございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてマスクを外したほうがいいの?

 

では、どうしてマスクを外したほうが良いのでしょうか。

実はマスクをすることで、換気=肺への酸素量が少なくなる恐れがあるのです。

 

空気中の酸素は約21%

吐き出す呼気中の酸素は15%

 

通常、酸欠状態と言われるのは、16%以下の酸素濃度を吸い始めると、自覚症状が現れます。

10%以下は、死亡する危険性もあります。

 

極論となりますが、呼吸の浅い高齢の方や小さなお子様は、

自分の吐いたマスクの中の呼気を吸い込むことの繰り返しになると、

徐々に血中酸素濃度が下がると言われています。

 

さらにこれからの時期は、老若男女問わず熱中症も心配ですからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指針が発表されて、ホッとしています。

 

 

皆さん引き続き、手洗い・うがいはしっかりと。

できれば帰宅したら、すぐにシャワーをして着替えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫力アップの食事も心がけて、いろんなバランスに気をつけて過ごしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※往診移動中はマスクはずしてます。笑

院長  山中一功 (Dr.IKKO)

関連記事

  1. 健康週間★

  2. この夏!お蕎麦を食べて猛暑を乗り切ろう!

PAGE TOP