健康週間★

健康週間★

 

こんにちは(^ ^)

 

お盆休みの期間が終わり、まだまだ猛暑日が続いておりますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

しっかり水分補給、マスクの着用は無理せず!(マスクの使用については前回のブログをチェックしてみてくださいね!)

熱中症にはくれぐれもお気を付けてお過ごしくださいね!

 

 

 

 

 

さて、先日の記事で「脳卒中」のお話しをちょっことだけさせていただきました!

その続きのお話し、、、

 

 

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり破れたりすることにより脳が障害を受ける病気です。

脳卒中を発症すると、障害を受けた脳が司っていた身体機能や言語機能が失われたり、

場合のよっては死に至ることもある恐ろしい疾患です。

 

 

 

 

脳卒中には3つ種類があります。

こちらの画像は正常な脳のCT画像↓

そしてこちらが、それぞれの脳卒中のCT画像↓

脳の血管が詰まる『脳梗塞』

 

 

 

 

 

 

 

 

※脳の血管の動脈硬化を着した部分に形成された血栓(血の塊)、あるいは心臓で出来た血栓により、脳血管が詰まり脳が壊死するものです。

 

 

脳の血管が破れる『脳出血』

※脳出血は、脳を養う小さな血管(0.2mm以下)が加齢や高血圧などによって脆くなり、破れて出血します。

 

 

先日、27歳の俳優の方が発症されたのは、この脳出血でしたね。

まだ若いのに、、というお声もたくさんありましたが、

この病気に年齢は関係ないということが広がり、若年層にも「他人事ではないな、、」と衝撃を与えました。

 

 

『くも膜下出血』

 

 

 

 

 

 

 

 

※脳を養う大きな血管に出来た「こぶ(動脈瘤)」や動静脈奇形が破裂して、脳の表面に出血します。

 

 

 

 

最近よく耳にするようになった「脳卒中予防には血圧コントロール!」という言葉。

「血圧を測って、薬を飲んで、塩分に気をつけるだけ?」

 

いえ!それだけじゃないのです。

実は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉運動がとっても効果的なのです!

 

心臓が血液を送り出すということは皆さんご存知だと思いますが、

血液を全身に送り出すポンプの役割を担っているのは、心臓だけではありませんよ!

 

 

手足の末端まで血液を送り届けるには、筋肉が補助ポンプとなって血液を送っています。

 

 

中高年で筋肉量が少ない人は、それだけ心臓が頑張って血液を押し出すので、

その結果、血圧は高くなってしまうのです、、、

 

 

 

 

 

 

 

だから、筋トレは血圧のコントロール!そして健康に繋がるのかもしれません。

 

 

筋肉を躾けましょう!

筋トレ=筋肉の躾

筋トレ=身芯から健康に、身体の健康は心の健康に☆

 

 

 

 

 

 

 

健康で長生きしましょう!

 

※筋肉量や体力には個人差があります

「どんなトレーニングをしたらいいの?」とお悩みの方は

一度、当院院長にご相談くださいね!

 

院長もお休みの日は、頑張ってます!

 

関連記事

  1. 息苦しいときは無理せず!マナーを守ってマスクを外しましょう!…

  2. この夏!お蕎麦を食べて猛暑を乗り切ろう!

PAGE TOP