当院の医療リハビリテーション

脳卒中リハビリテーション

事故や脳卒中などの病気により、脳に損傷を受けることで記憶障害(覚えられないなど)、注意障害(集中できないなど)、遂行機能障害(計画ができないなど)、社会的行動障害(感情コントロールができないなど)などの障害を起こすことがあります。そういった障害の症状を和らげ、回復を目指し、医師の指示のもと専門スタッフが指導、訓練を行います。

運動器リハビリテーション

身体を支え動作させる組織・器官である骨、関節、筋肉、神経など、運動器に疾患をもつ方を対象に、運動療法、物理療法などを用い専門スタッフが基本的な動作(起き上がり・座位・立位・歩行等)の運動を指導、訓練を行い機能回復を目指します。

※運動療法はその方の程度に合わせ、運動の量や質を検討、調整しながら進めていきます。
※物理療法は身体に温熱、寒冷、電気刺激などの物理エネルギーを加え、関節等の痛みを軽減しながら運動しやすくすることを目的とします。

PAGE TOP