脳は薬ではなく、リハビリでしか治せない


脳卒中により損傷した脳神経は、手術によって機能改善させることは難しく

リハビリテーションによる機能訓練でしか回復を見込めないのが現状です。

この回復期リハビリテーションは、効果があるものの、限られた期間しか入院することができない・・・

そして、退院後も引き続き脳卒中リハビリテーションを行える場所が、とても少ない。

そんな患者さまの不安と、リハビリの現状を知ったことが、開院のきっかけになりました。

リハビリランドを創設した想い

脳卒中のリハビリテーションを行うにあたり、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士と、すべてのセラピストをそろえることが、最初の大きなハードルで、開院のする前の重要なミッションでした。

そして苦労の末に集まったセラピストたちと語る『リハビリランド』として、様々な手法で回復を図るリハビリテーションの可能性を追求し、さらに大阪 阿倍野区・寺田町の地域の憩いの場になれればと構想しています。

『リハビリランド』って?

当クリニックには、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士のセラピストが常駐しております。

この3領域すべてを網羅して開院できたことは、業界では珍しいこと。

さらに、全セラピストの技術と質にも自信を持っております。

それぞれの領域のスペシャリストとして、意見を出し合い治療にあたることができる。それが、当院のリハビリのかたちであり、『リハビリランド』と呼んでいるのです。

また医療保険でのリハビリ以外にも、介護保険での通所リハビリや訪問リハビリも行っています

(自転車でご自宅まで駆けつける姿に、笑いや驚きをいただいております・・・!)


3領域すべてのセラピストをそろえる利点とは?

当然のことながら、異なる3領域のセラピストそれぞれの見地からの観察や意見が可能となります。

これにより、グループで行うリハビリテーションや患者さまが、どのような日々の暮らしをしているのかを踏まえた診療をも可能となります。

「この家の構造なら、トイレに行くのも大変だろうな・・・」など、その患者さんが今抱えている日常の悩みなどまで把握し、それを解決するような治療を行うことが一番。

これは特に、在宅診療、訪問診療の大切な点になります。


この『リハビリランド』で、ひとりでも多くの方に元気と笑顔を届けられるよう、チーム一丸となって取り組んでまいります。

当院のリハビリについて、さらに詳しく見る

PAGE TOP