当院の診療について

当院の特徴

  1. 脳神経外科専門医、脳卒中専門医、脳血管内治療専門医の経験を活かし頭痛、めまい、しびれ、頭部外傷などの診断、治療を行います。脳卒中の原因となる生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、不整脈など)の診断・治療・予防を行います。
  2. 脳卒中後遺症である手足のこわばり(痙縮)や顔面痙攣、多汗症を和らげるボトックス治療を行います。
  3. かぜや発熱など一般的な内科治療やインフルエンザ予防接種なども行います。
  4. セカンドオピニオンについてもご要望に応じて対応いたします。

脳卒中リハビリテーション

事故や脳卒中などの病気により、脳に損傷を受けることで記憶障害(覚えられないなど)、注意障害(集中できないなど)、遂行機能障害(計画ができないなど)、社会的行動障害(感情コントロールができないなど)などの障害を起こすことがあります。そういった障害の症状を和らげ、回復を目指し、医師の指示のもと専門スタッフが指導、訓練を行います。

当院は、うつ病の治療にも用いられている、磁気によって大脳を刺激し脳の活動性に影響を与える経頭蓋磁気刺激(TMS – Transcranial Magnetic Stimulation)機器を導入しております。
脳卒中で傷を負った脳組織を復活させるということではなく、余力のある健常な脳組織の神経活動性を促し、大脳が持つ神経症状を補う能力を発揮させることが目的の機器です。

運動器リハビリテーション

身体を支え動作させる組織・器官である骨、関節、筋肉、神経など、運動器に疾患をもつ方を対象に、運動療法、物理療法などを用い専門スタッフが基本的な動作(起き上がり・座位・立位・歩行等)の運動を指導、訓練を行い機能回復を目指します。

認知症サポート

複数の原因がある認知症には、適切な治療で症状が改善するものや、進行を遅らせることができるものもあります。
当院では頭部の検査(CT検査)を行い認知症の原因を見つけ、診断、評価、進行予防、治療、専門スタッフが行う嚥下訓練など、患者様、ご家族へのアドバイスなどを含め、全般的にサポートを行います。

在宅診療、訪問診療

慣れたご自宅などで快適に療養生活を過ごしていただけるよう、当院は通院困難な患者様への訪問診療、訪問リハビリにも力を注ぎます。
訪問リハビリは医師の指示のもと専門スタッフが伺い、身体機能の維持や回復を目指しサポートさせていただきます。

初診の方へ

初めてご来院の方は、健康保険証および各種受給者証をお持ちください。お薬手帳をお持ちの方は合わせてご用意ください。

当院で可能な検査

CT(コンピュータ断層診断装置)検査

X線を用い、断層写真を撮影する検査です。頭部、胸部、腹部中心に検査を行います。

心臓や大動脈、気管支・肺、胸部、肝臓、腎臓などの病変に関しては優れた描出能力があり、体内の病巣を発見することができる検査です。

骨密度検査

閉経されている方や、治療により生理を止めている方、喫煙、過度のアルコールを摂取されている方などには、骨を形成するカルシウムなどの量を計測し強度を調べる検査をおすすめいたします。骨密度の低下により骨粗鬆症という病気になり、骨が脆い状態になることで骨折の可能性が高まります。

当院は微量なX線で正確な骨密度測定ができるDEXA法を用いた骨密度測定装置を導入しています。

PAGE TOP