高濃度ビタミンC点滴について

がんの治療療法から、アンチエイジング、疲労回復、免疫力増強まで!

経口接種では得られない、強力な抗酸化作用が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療療法としても注目されています!

ビタミンCは元来、人体内に存在する物質で、副作用が非常に少ないのです。

抗がん剤と併用することで、治療効果を増強、及びその副作用が抑えられ、
さらに患者さんの活力(免疫力)を上げ、緩和医療の側面も有する治療法になります。

さらに、こんなにうれしい側面も!

美白 メラニンの生成を抑制することでしみや色素沈着を薄くします。
美肌 コラーゲン合成促進作用により肌のたるみやしわの予防といったアンチエイジングの効果が知られています。
保湿作用と肌のトラブル改善 肌の保湿力促進・皮脂の過剰分泌の抑制(アトピー性皮膚炎の症状を和らげる)が期待できます。
疲労回復 抗酸化作用が強くだるさや疲労の回復に効果があります。
免疫力増強 リンパ球の働きを高めることで風邪などの感染症の予防に効果があります。

高濃度ビタミンC点滴の概要

高濃度ビタミンCとは内服では摂取できない高濃度のビタミンCを点滴し、血中濃度を急激に上げることで様々な効果が期待できる治療法です。ビタミンCは水溶性で余分に接種しても尿中に排出されるので副作用の心配はほとんどありません。


点滴の所要時間は初回1~2時間、2回目以降は1時間程度となります。点滴の理想的な間隔は2~3週間隔で、定期的に点滴することで効果がより高く期待できます

注意点としてビタミンCの血中濃度を上げるために「禁煙」することが必要です。また、ビタミンCのリバウンド現象を予防するためにこの治療をしない日に1日4グラムのビタミンCをサプリメントで摂取することが推奨されています。

受ける手順

  1. 初回の点滴前に血液検査をし、腎機能やG6PDを検査します。
  2. 点滴前に必ず飲食してきてください。
  3. 希望される方は、テスト点滴として、初回はビタミンC 15gを点滴します。
  4. 2回目以降は、ビタミンC 25gを点滴します。
  5. 1~2週間に1回のペースで続けてください。
  6. 点滴と点滴の間も体内のビタミンC濃度をできるだけ高く保つために、経口でのビタミンサプリメントをお勧めしています。

※点滴にかかる時間は、15gで30分、25gで60分、50gで90分です。

初回メニュー

相談料(初診料として) ¥3,000
(※通院治療中の方は無料)
一般採血検査+G6PD検査 ¥16,200(税込)
一般採血検査+ビタミンC血中濃度検査+G6PD検査 ¥21,600(税込)
G6PD検査 ¥6,480(税込)

料金

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

1~3回目 ¥3,000(税込)
4~5回目 ¥4,000(税込)
6~7回目 ¥5,000(税込)

回数券

お得な回数券も販売しております!

25g 5回券 ¥48,600(税込)
25g 10回券 ¥86,400(税込)

副作用

国際人間機能改善センターでは15年間に3万件の治療が実施され、死亡例はなく、副作用は非常に少ないといわれています。

  • ● 点滴穿刺部位の痛み→点滴速度を遅らせることで改善
  • ● のどの渇き、吐き気→点滴前に食事をとること、十分な飲水で予防できます
  • ● 身体のふるえ・尿管結石(ごく稀)

受けられない方

  1. G6PD欠損(低下)症の方[欠損していると溶血を起こします]
  2. 腎不全の方、透析中の方、尿管結石の方、腎結石の方
  3. 心不全の方
  4. 糖尿病の方

心不全、腎機能低下、糖尿病・G6PD欠損症の有無を確認するため治療開始前に血液検査を受けて頂きます。

PAGE TOP